PiTaPaがJR西日本の近畿エリア(予定)でチャージ不要の後払いサービスをご利用いただけるようになります

西日本旅客鉄道株式会社(以下、「JR西日本」)およびスルッとKANSAI協議会では「ICカード乗車券を活用した連携サービス」に基づき、これまでIC連絡定期券の導入など各種連携サービスを実施してまいりましたが、このたび、さらなるお互いの鉄道利用の利便性向上と一層の利用拡大を図る観点から、JR西日本でのPiTaPaカードによるチャージ(入金)不要のポストペイサービスの導入について、合意いたしました。これまでPiTaPaカード内にチャージ(入金)していただくことでJR西日本を含む全国相互利用対象エリアでのPiTaPaカードのご利用が可能となっておりましたが、新たにJR西日本の近畿圏エリア(予定)においてポストペイによるご利用が可能となり、さらには、ポストペイならではの運賃割引サービスを適用します。
今後ますます便利になるICカード乗車券をぜひご利用ください。

※注釈:ポストペイとは、お使いいただいたご利用代金の自動引き落とし(後払い)サービスです。1カ月間(1日から末日まで)のご利用代金を自動集計し、後日指定口座から後払いでお支払いいただくものです。

ポストペイによるご利用説明

詳細

導入時期
2018年秋(予定)

JR西日本における導入エリア
近畿圏エリア(予定)

上記エリアにおけるJR西日本で導入するPiTaPa割引サービスの概要
PiTaPaカードで自動改札機をご利用(入場・出場)された際のご利用状況を1カ月間(1日から末日まで)で集計し、ご利用の区間や回数など、JR西日本で定めた条件に適合した場合、ご利用の内容に応じて運賃の割引をするサービスです。

「ICカード乗車券を活用した連携サービス」および「ポストペイサービス導入概要」(PDFファイル)


ページの先頭へ戻る